南大塚クリニックは、2009年1月より岡本完が院長に就任し、専門性を生かしながら、地域に密着したクリニックとして、診療をさせて頂きたいと思っております。
院長  岡本完


略歴
昭和62年  順天堂大学医学部卒業。医師国家試験合格。
昭和62年 自治医科大学病院内科勤務(研修医)
平成2年 順天堂大学医学部大学院入学。
平成4年 佐々木研究所附属杏雲堂病院内科勤務
平成6年 順天堂大学医学部大学院卒業。医学博士号取得。
米国南カリフォルニア大学留学
米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校ハワードヒューズ医学研究所留学
平成11年 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター内科助手
平成14年 成城サクラビアクリニック院長
平成17年 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター内科講師
平成18年 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター医局長
平成20年 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター内科准教授
平成21年 南大塚クリニック院長就任


専門医・所属学会
学  位 医学博士
資  格 東京女子医大非常勤講師
日本内科学会 総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医、評議員、指導医
日本アレルギー学会専門医、
日本リウマチ財団登録医
日本糖尿病協会療養指導医
日本医師会認定産業医
所属学会 日本内科学会、日本リウマチ学会、日本アレルギー学会、
日本糖尿病学会、日本感染症学会